幅広い分野で活躍しているエコー

このサイトではポータブルエコーの役割りや活躍している場所、価格など幅広い内容を紹介していきます。
エコーは超音波を利用して体表から観察できない臓器や内蔵の動きを映像化して見ることができる診断装置です。
病院では様々な診療科で使用されており、内科では臓器の動きを見たり、産科では胎児の様子を観察することに使用されます。
エコーの活躍する場面は徐々に広がりを見せており、整形外科やリハビリテーションの分野でも広く活躍しています。

医療機器としてのポータブルエコーの役割とは?通常のエコーとの違い

医療機器としてのポータブルエコーの役割とは?通常のエコーとの違い 通常のエコーは医療機器として病院の検査室などに設置されていますが、ポータブルエコーは小型、軽量化されており、どこにでも簡単に持ち運ぶことができる特徴があります。
通常のエコーは患者様の体の状態をできるだけ詳しく検査し、正確な診断を下す役割があるため、たくさんの機能や高い性能が求められます。
一方、ポータブルエコーは小型、軽量であり、機能や性能は必要最小限に絞ってあります。
ですが、持ち運びができる特性から場所を選ばず画像を使った診察することが役割です。
病院に来ることができない患者様の自宅などで使用することができるため、病気の経過観察から早期発見まで幅広く活躍することができる上に、医療者の病状説明に説得力を与え、患者様本人や家族に安心を与える役割も担います。

ポータブルエコーの保険点数を教えて下さい。

ポータブルエコーの保険点数を教えて下さい。 ポータブルエコーとは、超音波画像診断装置の携帯型の事であり、従来の備付型に付き物であった有線接続である事による制限が大きく減っています。
あるいは事故現場等で急遽その場でエコー診断が欲しい様な状況だったり、往診等の時に持ち歩くという面でもポータブルエコーはとても利便性が高いです。
有線接続ではない分、何かの拍子にコードが引っこ抜けてしまうといった事も無いですし、エコー機材の命とも言える再現性と正確性、汎用性の高さにおいても決して無線機型に劣る物ではありません。
そんなポータブルエコーの保険点数ですが、携帯型か否かに関わらず撮影法によって違います。
まずAモード法で撮影を行った場合は150点、断層撮影法(心臓超音波検査を除く)を訪問診療時に行った場合は400点です。
ただ、訪問診療時に行った場合は、月1回に限り算定するという事が留意事項となります。
これ以外の状況でやったとして胸腹部は530点、下肢血管450点、それ以外の場所は350点という計算になると思って下さい。
他にも多くのシチュエーション毎で、差別化が図られていますが、ポータブルか否かというよりは超音波検査全般という事で調べていくと、より詳細なデーターを見つける事が出来ます。

ポータブルエコーの価格

ポータブルエコー

新着情報

◎2021/8/16

ポータブルエコーとは のページを公開しました

◎2021/6/22

ポータブルエコーの価格 のページを公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました