ポータブルエコーとは

ポータブルエコーとは

ポータブルエコーとは 体内の診断をする場合には、エコーと呼ばれるものを用います。エコーを用いるメリットは、手術などをしなくても身体の中を診察することができることです。これにより、比較的早い段階で身体がどのような状態になっているかを把握することがわかります。
特に、ガンなどになった場合には可能な限り初期の段階で発見することは重要になるでしょう。
整形外科でも、エコーを用いることは増えていますが、最近はポータブルエコーと呼ばれるものを積極的に利用しているケースがあります。このポータブルエコーとは、持ち運びができるサイズのものです。ワイヤレスになっていることが多く、大きな機械に繋がなくても利用することができる点は大きな特徴といえます。
ワイヤレスになっていることで、持ち運びができるのも魅力と言えるでしょう。例えば、病院の外に持ち出して診断することも可能です。このようなワイヤレスなエコーを利用することで、災害等が発生した場面で役に立つといえます。

医療現場で必要なポータブルエコーについて

医療現場で必要なポータブルエコーについて ポータブルエコーは通常病院にある超音波画像診断装置とはちがって、持ち運びができる小型の便利なエコーになります。主に訪問診療をおこなっている医療機関が使用しています。在宅医療では高齢者の診察が多くをしめていて、在宅でできる検査には限りがあります。
ポータブルエコーは、疼痛や尿閉などの症状を訴える患者さんに精密な検査をすることができます。腹水や尿の量などを調べることができて、さまざまな所見を得られることが可能になります。ポータブルエコーは軽量で持ち運びに優れていて、価格も低コストなので導入しやすいといったメリットがあります。ボタンなども極力少なくしていて操作がしやすく、画像の共有も可能になります。
検査の為に入院が必要な在宅患者の方も、ポータブルエコーの導入によって、精密な検査を自宅でできるといったメリットがあり、患者の負担を減らすことができます。場所を選ばず精密な検査ができることが最大のメリットになります。

新着情報

◎2021/8/16

ポータブルエコーとは のページを公開しました

◎2021/6/22

ポータブルエコーの価格 のページを公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました