幅広い分野で活躍しているエコー

在宅で使えるポータブルエコー

在宅で使えるポータブルエコー 従来のエコー検査といえば、内科や整形外科など限られた医療機関でしか受けることができない特徴がありました。
そのため検査を受けるためには医療機関に患者が直接受診する必要があり、足が不自由な高齢者や体を動かせない患者にとっては検査入院が欠かせないデメリットがありました。
そこで在宅医療でも問題なくエコー検査を行う方法として、ポータブルエコーを活用する医師が増えてきています。
ポータブルエコーは骨や靭帯、筋や腱、神経や血管などを確認する以外にも、肝臓や胆嚢、膵臓や腎臓、膀胱や前立腺といった腹部全般の検査で利用することができます。
観察部位を限定しポータブルエコーで必要な情報を得て症状の原因を検索し、その場で診断や治療、診療方針を決定することができます。
多忙な外来診療の合間でもポケットやかばんから取り出すことが可能で、起動することでより迅速に体内を可視化し、エコー検査でより的確に腹部検査が行えるメリットを持っています。

在宅医療でポータブルエコーとスマホを活用する

在宅医療でポータブルエコーとスマホを活用する 様々な医療機関で利用されているエコー検査は、捻挫や肉離れ、骨や腱、靭帯や筋肉の状況などを確認したり、腹部の状態を診るなど幅広い用途で利用されています。
しかし優先型のエコー機器では使用できる場所が限定されてしまうことや、高齢者や重い症状により自宅から動くことができないという患者に対して検査を行えないといったデメリットがありました。
そこで在宅医療の場で活用されているのが、ポータブルエコーを利用する方法です。
患者の自宅に医師が訪問しポケットやかばんからポータブルエコーとスマホを用意すれば、現地で手軽にエコー検査が行えるようになります。
スマホ画面で身体の内部を直接見せることが出来るので、症状や治療に関する説明をすることで患者、その家族とのより深いコミュニケーションに貢献することができます。
ワイヤレスなのでコンパクトで持ち運びしやすく、肝臓や胆嚢、膵臓や腎臓、膀胱や前立腺などの腹部全般で活用することも可能です。

新着情報

◎2021/8/16

ポータブルエコーとは のページを公開しました

◎2021/6/22

ポータブルエコーの価格 のページを公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました