幅広い分野で活躍しているエコー

ポータブルエコーで胎児の状態をチェック

ポータブルエコーで胎児の状態をチェック 皆さんは、「ポータブルエコー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?医療用エコー、すなわち超音波画像診断装置は技術の進歩が進み、より鮮明なイメージングが可能になったり小型化・軽量化がすすんだりするなど、臨床現場での重要性が高まっています。
中でもポータブルエコーは高画質でありながら小型化や操作性の向上を実現することによって、今後ますます普及していくことが予想されています。
例えば妊娠中、胎児の状態がわからず不安になってしまう妊婦さんは多いです。
胎動が強く感じられない時や、お腹が痛い、吐き気がするなどの体調が優れない時など、ちょっとしたことでストレスや不安を感じてしまうのは当然のことです。
そんな時にポータブルエコーを利用することで、手軽に胎児の状態が確認できて安心することができます。
今後はポータブルエコーによってますます便利で身近な診察が可能になり、我々もその恩恵を受けることができると期待されています。

動物医療でも画像処理における進歩の高画質化で大活躍のポータブルエコー

動物医療でも画像処理における進歩の高画質化で大活躍のポータブルエコー 人間よりもはるかに体の小さな動物医療にも、役立つ医療機器として導入されるのがポータブルエコーです。
普及率は年々高まっており、画像検査装置との両翼を担うほど、アニマル系医療機関ではレントゲン検査装置共々役立っています。
超音波画像での画像処理はひと昔前とは比べ物にならないくらい、現代は輝かしい進歩を遂げました。
もはや目を見張る程の高画質化が、ポータブルエコー利用時にはあると言えます。
どれほどのレベルかといえば、腹部の臓器であれば、機器を使うことでもはや見えないものなどありません。
表現に大げささを感じるかもしれませんが、それほど優れているということです。
身体の隅々までポータブルエコーは検査対象となるので、血管に関節はもとより、神経までも対象になります。
昔の何となくわかる程度の画質とは一線を引いていて、結果に歯がゆい思いをすることはもうありません。
基本的なポータブルエコーの性能は、飛躍的に向上をしており、動物医療現場で採用をする嬉々として大活躍をする存在になっています。

新着情報

◎2021/8/16

ポータブルエコーとは のページを公開しました

◎2021/6/22

ポータブルエコーの価格 のページを公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました